Topmessage

トップメッセージ

繁信代表

「危機管理」を常に意識し、 非常事態に柔軟に対応できる体制構築を!


シンバネットワーク 代表 シンバホールディングス株式会社 代表取締役会長(CEO)  安里 繁信

平素より弊社グループ、シンバネットワークにお力添えをいただいているビジネスパートナーの皆様、お客様、地域の皆様、社員とそのご家族ほか全ての皆様に対し、心より感謝申し上げます。おかげさまで弊グループは設立から16年、個人事業としてスタートした「安信輸送サービス㈱(現㈱あんしん)」は創業から55年を迎えました。引き続き、時代の変遷とともに変化する「人・コト・物」と真摯に、そして柔軟に向き合い、沖縄という地域に求められる存在として、またこの地で新たなビジネスチャンスを模索する皆様のゲートウェイとして、これからも機能提供を果たす企業グループを目指してまいります。


いま「コロナ禍」という未曽有の危機が世界を震撼させています。

グローバル化がここまで進展し、私たちの生活が、私たちの予期せぬ外的要因により、危険にさらされることが現実となる時代を迎えています。これまでの常識を覆し、暮らしの在り方を一転させる要因は、感染症等によるパンデミックに限らず、気象異常や地震などによる自然災害、あるいは世界のどこかで発生する紛争かもしれません。いま改めて非常事態に柔軟に対応できる「危機管理能力」が求められています。

弊社は、地域に根差したビジネスを展開するシンバネットワーク各社の持株会社として、社員はもとよりお客様とそのご家族、そして私たちが暮らすこの地域の暮らしの安心と安全を常に念頭に据え、次代を見据えた経営を行ってまいります。このたび、時代とともに刻々と変化する経営環境を把握しながら、いま沖縄という地域に求められる新たなビジネスは何か、模索し参画を検討する第4事業本部、またシンバネットワークにおける経営環境を包括的に整備するネットワーク事業本部を新設致しました。これまで通り、各事業会社の分野ごとの経営に集中するとともに、沖縄を拠点として活動する企業グループとしての「誇り」と「使命感」をもち、「わたしたちは人と世のために活きる存在でありたい」という企業理念を座標軸に据え、臨んでまいります。